仏像の魅力

昔から人々は、仏像を拝することで心の安らぎを得てきました。

実際仏像は動かず、何も変らないはずなのに見ている人間のその時の心の状態に応じて、
色々な顔に見えてきます。

まるで、仏像は自分を映す鏡のようです。

その威厳に満ちた姿に触れることで、救いを得たいという願望が
『心はかたちを求め かたちは心をすすめる』というように、
多くの仏像を生み出しと言われています。


仏像の歴史

仏教は今から約2500年前、北インド地方のシャカ族の王子ゴータマ・シッダールタによって
説かれました。

彼は29歳で出家し、厳しい修行を経て、35歳で悟りを開き、仏陀(ブッダ)となります。

日本や中国では、仏陀のことを釈尊(しゃくそん)、釈迦(しゃか)、釈迦牟尼(ちゃかむに)、
などと呼んでいます。

仏像とはこの釈尊を表した像のことを言います。

しかし釈尊の存命中に仏像が造られることはありませんでした。

釈尊がインドで没したのは、紀元前4世紀半ばというのが通説ですが、仏像はその死後すぐに
造られたのではなく、その誕生は遥か先の紀元前1世紀半ば頃とされています。


仏像の誕生

人々の心に釈尊追慕の念が深まっていたことが、釈尊の理念化や超人化を進め、
その存在を、仏像として表現するきっかけとなったのではないかという説があります。

仏像生誕の地は、ガンダーラ地方(現パキスタン北部)でした。

同じ頃、マトゥラー(インド北部)でも仏像が造りはじめられました。

前者はヘレニズムとローマ、インド文化の影響のもと均整のとれた美しいプロポーション、
後者はインド彫刻の伝統のもとに明るくおおらかな、まったく異なった様式の釈尊像が
仏像として刻み込まれました。

この2カ所で成立した2派の仏像様式は、以後微妙に融合したり洗練の度を高めたり、
その表現に深みを加えていき、4〜5 世紀頃にインドの大部分を統治したグプタ朝の仏像とともに、
各国に伝わり展開していく仏像様式の祖型となりました。

仏像が誕生してから、堰を切ったように造像が行われるようになります。

釈迦像のほか菩薩などの諸尊も造られるようになり、
仏教に仏像という偶像を崇拝することが定着していきました。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。