仏像の魅力

昔から人々は、仏像を拝することで心の安らぎを得てきました。

実際仏像は動かず、何も変らないはずなのに見ている人間のその時の心の状態に応じて、
色々な顔に見えてきます。

まるで、仏像は自分を映す鏡のようです。

その威厳に満ちた姿に触れることで、救いを得たいという願望が
『心はかたちを求め かたちは心をすすめる』というように、
多くの仏像を生み出しと言われています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。