守護仏「普賢菩薩」

干支:辰年・巳年

読み:ふげんぼさつ

梵名:サマンタバドラ

真言:オン サンマヤ サトバン

shugo4普賢菩薩.jpg

普賢菩薩は衆生の命を延ばしめる徳があるところから、普賢延命菩薩とも称せられます。

布施・特戒・忍辱・精進・禅定・智慧の六つの力で人々を救うといわれ、
理、定、行徳を司ります。

菩薩の中でも、仏の理性をあらわし、特に究極の慈悲をつかさどる仏とされます。

世界にあまねく現われ、慈悲の力と、何者にも打ち勝つ強い菩提心(悟りを求める心)で、
衆生を救うといわれています。

また女人往生を象徴する仏でもあり、古来より女性からも厚い信仰を受けてきました。

諸菩薩の中でも特に重要な存在とされるこの普賢菩薩は、
「六波羅蜜(ろくはらみつ)」の示す6つの徳、
すなわち「布施」「特戒」「忍辱」「精進」「禅定」「智慧」をもって
人々を救うといわれ、また「理」「定」「行徳」をつかさどるとされます。

よく知られるのが「華厳経(けごんきょう)」の
「普賢行願品(ふげんぎょうがんぼん)」に描かれた「十大願」で、
「礼敬諸仏」「称讃如来」「広修供養」「懺悔業障」「随喜功徳」「請転法輪」
「請仏住世」「常随仏学」「恒順衆生」「普皆廻向」という10の誓いを立て、
修行に励む普賢菩薩の姿が賞賛されています。

また、「法華経(ほけきょう)」の「普賢菩薩勧発品(ふげんぼさつかんほつぼん)」
の中では「六波羅蜜」と「自利利他行(じりりたぎょう※1)」を表す
「六牙の白象」に乗って、行者の前に現われ、守護したさまが描かれています。

象に乗った普賢菩薩像が多く見られるのは、このためです。

この普賢菩薩の持つ延命の徳をより強くあらわしたのが、普賢延命菩薩で、
密教の「普賢延命法」の本尊とされています。

また、釈迦の重要な弟子であり、文殊菩薩とともに、
「釈迦三尊像」の脇侍をつとめます。

「智慧の文殊・慈悲の普賢」と呼ばれ、並び称されています。

※1慈悲の心をもって、衆生のために活動すること

●八尊仏般若心経チタンペンダント 巳 普賢菩薩【アイデア100選会】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。