仏像の階級

仏像は階級がきっちりと分かれています。

※階級は、如来>菩薩>明王>天部  の順です。

如来(悟り済)
仏で一番偉い種類で、悟りを開いた者。
出家後の釈迦がモデル。
阿弥陀如来、薬師如来など。

菩薩(修行中)
悟りを開ける地位ではあるが、衆性救うため、あえて一段位を下げている仏。
出家前の王子時代の釈迦がモデル。
観音菩薩、弥勒菩薩、地蔵菩薩(お地蔵様)など。

明王(民衆を守る)
修行する者を煩悩から守る如来の使者の仏。
恐ろしい外貌と激しい忿怒の相をしている。
不動明王など。
※真言宗にだけ登場

天部(仏界を守る)
仏界を守る神々。
四天王、阿修羅など。
※元ヒンズー教の神々


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。