守護仏「大日如来」

干支:申年・未年

読み:だいにちにょらい

梵名:マハーヴァイローチャナ

真言:オン アビラウンケン

shugo6大日如来.jpg

「大日如来」は正しくは「大勢至菩薩」といい、
智慧の偉大な力で人々の迷いを除く菩薩です。

智慧の光明で一再を照らし、人々をもろもろの苦難から救い出します。

別名を摩訶毘盧遮那如来(まかびるしゃなにょらい)とも、
遍照如来(へんじょうにょらい)とも言います。

密教においてすべての中心とされる仏です。

密教においては、大日如来こそが宇宙そのものとされ、すべては大日如来から
出現するとされたほどの尊格をもちます。

その光明が宇宙全体を遍く(あまねく)照らすことから、大日如来
または遍照如来と漢訳されました。

密教は、遣唐使として海を渡った僧によって日本に伝えられ、空海の真言密教、
最澄の弟子である円仁、円珍が大成した天台密教に大きく分類されます。

この両派において、「大日如来そのものが仏法」という教えが広まり、
大日如来が各地で信仰されることになりました。

この密教の世界観を視覚的にあらわしたものが「曼陀羅」で、
「本質をもつもの」という意味があります。

曼荼羅は古代インドにその起源を持ち、さまざまな形態が見られますが、
最も有名なのは「両界曼荼羅」です。

この曼荼羅は、「金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)」と
「胎蔵界曼荼羅(たいぞうかいまんだら)」という2種類から成り立っています。

金剛界曼荼羅は「金剛頂経」、胎蔵界曼荼羅は「大日経」という密教の
経典の教えに基づいて描かれており、いずれも中心には、密教の中心的尊格である
大日如来の姿が描かれています。

なお、金剛頂経と大日経は、同じ大日如来を第一の仏としながらも、
別々の場所で別々に成立した経典で、この2つの経の教えを統合し、
両界曼荼羅を発案したのは、入唐時の空海の師である恵果(えか)であると
いわれています。

空海は帰国時にこの両界曼荼羅を持ち帰ったといわれており、
それを模写したものが京都・神護寺(じんごじ)所蔵両界曼荼羅(国宝・
通称を高雄曼荼羅とも)であるとされます。

●八尊仏般若心経チタンペンダント 未 大日如来【アイデア100選会】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。