守護仏「勢至菩薩」

干支:午年

読み:せいしぼさつ

梵名:マーハースターマプラープタ

真言:オン サンザンザンサク ソウカ

shugo5勢至菩薩.jpg

「勢至菩薩」は正式名を「大勢至菩薩」といいます。

智慧の偉大な力で人々の迷いを除く菩薩。智慧の光明で一再を照らし、
人々をもろもろの苦難から救い出します。

梵名の「マーハースターマプラープタ」は、「偉大な威力を獲得した者」という意味で、
その名の通り、非常に怪力で、足を踏みおろすだけで、大地を揺るがすことのできる
力強い仏として描かれています。

このことから、大勢至(偉大な勢力)菩薩と漢訳されたのです。

また、浄土三部経のひとつである「観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)」には、
「偉大なる知恵の力をもって、一切を照らし、衆生を救済する」と書かれています。

また、菩提心(悟りを求める心)を発起させる仏でもあります。

勢至菩薩像は、単体での造形例は非常に少ないですが、観音菩薩とともに
阿弥陀三尊像の脇侍をつとめることで知られます。

阿弥陀三尊像において、観音菩薩は阿弥陀如来の慈悲をあらわし、勢至菩薩は
知恵をあらわすとされます。

●八尊仏般若心経チタンペンダント 午 勢至菩薩【アイデア100選会】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。