守護仏「阿弥陀如来」

干支:戌・亥年

読み:あみだにょらい

梵名:アミターバ または アミターユス

真言:オン アミリタ テイゼイカラ ウン

shugo8阿弥陀如来.jpg

阿弥陀如来は御加護を祈れば困難を払い、穏やかに暮らすことができるといわれます。

阿弥陀如来はその寿命が無限であることから「無量寿如来」または「無量光如来」との
別名で呼ばれることがあり、「無限の寿命をもつもの」、「無限の光をもつもの」を表されます。

阿弥陀如来は西方極楽浄土の教主であり、その光は現世をあまねく照らすとされます。

この阿弥陀如来信仰をテーマにするのが有名な、
「浄土三部経」−「無量寿経」・「観無量寿経」・「阿弥陀経」です。

無量寿経には、阿弥陀如来がすべての衆生を救済するために48の願い、
すなわち「四十八願」を立てたことが書かれています。

この四十八願の第十八願が「本願」または「王本願」と呼ばれているもので、
「念仏を行う衆生を救い、極楽浄土に往生させる」と説かれています。

この阿弥陀如来の「本願」にすがることから生まれた言葉が「他力本願」です。

そもそも他力とは、阿弥陀如来の力を指す言葉だったわけです。

「自力で修行を重ね、悟りをひらくのではなく、阿弥陀如来の本願(=他力)
によってのみ極楽浄土に往生することができる」という考えは、
平安末期から鎌倉時代にかけ、法然や親鸞の浄土教により急速に広まりました。

今日でも浄土宗や浄土真宗の念仏である「南無阿弥陀仏」は、
「わたしは阿弥陀如来に帰依します(ですので阿弥陀如来にすべてお任せします)」
という意味をもつ言葉なのです。

阿弥陀如来は、密教においては大日如来を中心とする五智如来のひとりとされるのに対し、
浄土教においてはすべてを委ねる仏とされています。

時代や宗派ととともに役割を異にするといってもよく、その違いは、仏像としての
造形例に顕著に表れます。

●八尊仏般若心経チタンペンダント 亥 阿弥陀如来【アイデア100選会】

守護仏「不動明王」

干支:酉年

読み:ふどうみょうおう

梵名:アチャラナータ

真言:ノウマクサンマンダ バサラダンセン マカロシャナ ソウタヤウン タラタ カンマン

shugo7不動明王.jpg

不動明王は右手の剣で迷いや邪悪な心を断ち切り、左手の綱で悪心を縛り
良い心を起こさせます。

忿怒(ふんぬ)は迷える衆生を救い仏の教えに導くという究極の目的のための手段なのです。

「不動明王」は別名を大日大聖不動明王(だいにちだいしょうふどうみょうおう)とも、
無動明王ともいわれ、「不動の守護者」を意味し、不動尊の名称で広く
信仰の対象になっています。

明王とは、密教独特の仏であり、密教世界の中心仏である大日如来の命を受け
衆生を救済する仏を指します。

中でも不動明王は、大日如来の化身、または大日如来の固い決意を
表現したものであるといわれています。

この不動明王と、「降三世明王(ごうさんぜみょうおう)」
「軍荼利明王(ぐんだりみょうおう)」「大威徳明王(だいいとくみょうおう)」、
「金剛夜叉明王(こんごうやしゃみょうおう)」が「五大明王(五大尊)」として
知られていますが、そのいずれもが、忿怒相(ふんぬそう)と呼ばれる怒りの表情で
相手を睨みつけており、如来や菩薩が穏やかな表情で微笑みすら浮かべるのとは
対照的な姿で描かれています。

これは、明王が大日如来から与えられた役割が、「すべての衆生を教化し、救済せよ」
というものだからです。

明王は、仏の教えに従順でない者たちをも教化・救済する役目を担っています。

そのような救いがたい衆生を、時には力ずくで屈服させるために、
明王は恐ろしげな姿をし、人々に畏怖の念を与えるのです。

不動明王が背負う火焔は、人間の煩悩や欲望、悪業を焼き尽くすものといわれ、
炎の力をもって祈祷を行う護摩法要の本尊はこの仏であることが多いようです。

わが国では悪霊退散・除災招福の本尊として知られ、成田山新勝寺やその別院のように、
交通安全の祈祷の本尊としても有名です。

●八尊仏般若心経チタンペンダント 酉 不動明王【アイデア100選会】

守護仏「大日如来」

干支:申年・未年

読み:だいにちにょらい

梵名:マハーヴァイローチャナ

真言:オン アビラウンケン

shugo6大日如来.jpg

「大日如来」は正しくは「大勢至菩薩」といい、
智慧の偉大な力で人々の迷いを除く菩薩です。

智慧の光明で一再を照らし、人々をもろもろの苦難から救い出します。

別名を摩訶毘盧遮那如来(まかびるしゃなにょらい)とも、
遍照如来(へんじょうにょらい)とも言います。

密教においてすべての中心とされる仏です。

密教においては、大日如来こそが宇宙そのものとされ、すべては大日如来から
出現するとされたほどの尊格をもちます。

その光明が宇宙全体を遍く(あまねく)照らすことから、大日如来
または遍照如来と漢訳されました。

密教は、遣唐使として海を渡った僧によって日本に伝えられ、空海の真言密教、
最澄の弟子である円仁、円珍が大成した天台密教に大きく分類されます。

この両派において、「大日如来そのものが仏法」という教えが広まり、
大日如来が各地で信仰されることになりました。

この密教の世界観を視覚的にあらわしたものが「曼陀羅」で、
「本質をもつもの」という意味があります。

曼荼羅は古代インドにその起源を持ち、さまざまな形態が見られますが、
最も有名なのは「両界曼荼羅」です。

この曼荼羅は、「金剛界曼荼羅(こんごうかいまんだら)」と
「胎蔵界曼荼羅(たいぞうかいまんだら)」という2種類から成り立っています。

金剛界曼荼羅は「金剛頂経」、胎蔵界曼荼羅は「大日経」という密教の
経典の教えに基づいて描かれており、いずれも中心には、密教の中心的尊格である
大日如来の姿が描かれています。

なお、金剛頂経と大日経は、同じ大日如来を第一の仏としながらも、
別々の場所で別々に成立した経典で、この2つの経の教えを統合し、
両界曼荼羅を発案したのは、入唐時の空海の師である恵果(えか)であると
いわれています。

空海は帰国時にこの両界曼荼羅を持ち帰ったといわれており、
それを模写したものが京都・神護寺(じんごじ)所蔵両界曼荼羅(国宝・
通称を高雄曼荼羅とも)であるとされます。

●八尊仏般若心経チタンペンダント 未 大日如来【アイデア100選会】

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。