守護仏「勢至菩薩」

干支:午年

読み:せいしぼさつ

梵名:マーハースターマプラープタ

真言:オン サンザンザンサク ソウカ

shugo5勢至菩薩.jpg

「勢至菩薩」は正式名を「大勢至菩薩」といいます。

智慧の偉大な力で人々の迷いを除く菩薩。智慧の光明で一再を照らし、
人々をもろもろの苦難から救い出します。

梵名の「マーハースターマプラープタ」は、「偉大な威力を獲得した者」という意味で、
その名の通り、非常に怪力で、足を踏みおろすだけで、大地を揺るがすことのできる
力強い仏として描かれています。

このことから、大勢至(偉大な勢力)菩薩と漢訳されたのです。

また、浄土三部経のひとつである「観無量寿経(かんむりょうじゅきょう)」には、
「偉大なる知恵の力をもって、一切を照らし、衆生を救済する」と書かれています。

また、菩提心(悟りを求める心)を発起させる仏でもあります。

勢至菩薩像は、単体での造形例は非常に少ないですが、観音菩薩とともに
阿弥陀三尊像の脇侍をつとめることで知られます。

阿弥陀三尊像において、観音菩薩は阿弥陀如来の慈悲をあらわし、勢至菩薩は
知恵をあらわすとされます。

●八尊仏般若心経チタンペンダント 午 勢至菩薩【アイデア100選会】

守護仏「普賢菩薩」

干支:辰年・巳年

読み:ふげんぼさつ

梵名:サマンタバドラ

真言:オン サンマヤ サトバン

shugo4普賢菩薩.jpg

普賢菩薩は衆生の命を延ばしめる徳があるところから、普賢延命菩薩とも称せられます。

布施・特戒・忍辱・精進・禅定・智慧の六つの力で人々を救うといわれ、
理、定、行徳を司ります。

菩薩の中でも、仏の理性をあらわし、特に究極の慈悲をつかさどる仏とされます。

世界にあまねく現われ、慈悲の力と、何者にも打ち勝つ強い菩提心(悟りを求める心)で、
衆生を救うといわれています。

また女人往生を象徴する仏でもあり、古来より女性からも厚い信仰を受けてきました。

諸菩薩の中でも特に重要な存在とされるこの普賢菩薩は、
「六波羅蜜(ろくはらみつ)」の示す6つの徳、
すなわち「布施」「特戒」「忍辱」「精進」「禅定」「智慧」をもって
人々を救うといわれ、また「理」「定」「行徳」をつかさどるとされます。

よく知られるのが「華厳経(けごんきょう)」の
「普賢行願品(ふげんぎょうがんぼん)」に描かれた「十大願」で、
「礼敬諸仏」「称讃如来」「広修供養」「懺悔業障」「随喜功徳」「請転法輪」
「請仏住世」「常随仏学」「恒順衆生」「普皆廻向」という10の誓いを立て、
修行に励む普賢菩薩の姿が賞賛されています。

また、「法華経(ほけきょう)」の「普賢菩薩勧発品(ふげんぼさつかんほつぼん)」
の中では「六波羅蜜」と「自利利他行(じりりたぎょう※1)」を表す
「六牙の白象」に乗って、行者の前に現われ、守護したさまが描かれています。

象に乗った普賢菩薩像が多く見られるのは、このためです。

この普賢菩薩の持つ延命の徳をより強くあらわしたのが、普賢延命菩薩で、
密教の「普賢延命法」の本尊とされています。

また、釈迦の重要な弟子であり、文殊菩薩とともに、
「釈迦三尊像」の脇侍をつとめます。

「智慧の文殊・慈悲の普賢」と呼ばれ、並び称されています。

※1慈悲の心をもって、衆生のために活動すること

●八尊仏般若心経チタンペンダント 巳 普賢菩薩【アイデア100選会】

守護仏「文殊菩薩」

干支:卯年

読み:もんじゅぼさつ

梵名:マンジュシュリー

真言:オン アラ ハ シャ ノウ

shugo3文殊菩薩.jpg

文殊菩薩は、「三人寄れば文殊の知恵」ということわざがよく知られるように
知恵を象徴する仏です。

平安時代の賢人である菅原道真を祭神とする天満宮と同じく、
学問成就や合格祈願の信仰を受けます。

正式名を「文殊師利菩薩(もんじゅしゅりぼさつ)」と言い、
インドで生まれた実在の人物がモデルとなっているとも言われます。

大乗仏教の重要な経典のひとつである「維摩経(ゆいまきょう)」には、
病に伏す維摩居士(ゆいまこじ※1)のもとを、釈迦の代理として見舞いに訪れた文殊菩薩が、
誰ひとり問答でかなう者がいなかった維摩居士と対等に渡り合ったさまが描かれています。

このエピソードから、文殊菩薩が智慧第一の仏であることがうかがい知ることが出来ます。

釈迦の重要な弟子であり、普賢菩薩と共に、「釈迦三尊像」の脇侍をつとめ、
「智慧の文殊・慈悲の普賢」と呼ばれ、並び称されています。

釈迦に付き従ったその姿から、戒律の師としての信仰も厚く、
僧侶の日常生活の理想像であるともされ、「僧形文殊」と呼ばれる僧の姿をした像も
多く作られました。

一般的な造形としては、右手に知恵を象徴する宝剣を、
左手に経典を持つ姿が知られています。

※1在俗の仏教徒でありながら、釈迦の弟子以上に仏教の真理に通じていたことから、
在俗の仏教徒の理想像とされ、今なお厚い信仰を集めている人物です。

●八尊仏般若心経チタンペンダント 卯 文殊菩薩【アイデア100選会】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。